手のひらの記憶

The memory of the palms

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回帰


LEICA M3 DR SUMMICRON 50mm f2 KODAK T-MAX400

どこへ
どうして戻ればいいのだろうか

« 雨上がり|Top|夏日 »

コメント

gikou>桃太郎さんへ

こんばんは^^

ハードな土日を送っていて、コメントをお返しするのが遅くなってしまいました(^^; ありがとうございます。

本当におっしゃる通りです。
オレがオレが、私が私がって自己主張をし出したらキリがないですもんね。

「恋しいくらいがちょうどいい」
いい言葉ですね。
いろいろ考えさせられました。

ボクはまだまだ回帰できずに彷徨っているようです。
何を求めているのでしょうね。
「ちょうど良い」が理解できていないのかも知れません(^^ヾ

雨の写真は撮れたのかな
ボクは雨上がりの蒸し暑さに参ってしまいました(^^v

gikouさん、おはようございます。
(こんにちは。)^^

回帰・・・
廻り回って もとの場所へ帰る
もしくは初心に戻ることなのかも知れませんね。
そこには大切なものがあるはずだから。。。


人は欲張りだから、お腹いっぱいに あれもこれもと
食べようとするけれど・・・少しばかり不便だったり
物が少なかったり 人に対してもそうかも知れませんが

恋しいくらいが ちょうど良いのかもですね。^^
ひとつひとつ(一人一人)の大切さが よくわかるから・・・

お写真、主題がいきていると思いました。
とても好きです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reme19xx.blog77.fc2.com/tb.php/1003-325fd47a

Top

HOME

gikou

Author:gikou
「一期一会」を大切に

記憶に残る情景を探して京都の町を中心に
いろんな写真を撮っています。
お気軽にコメントご記入ください。

☆F11キーを押していただければ、
すっきりした画面でごらんいただけます☆

【Thank You】

データ取得中...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。