手のひらの記憶

The memory of the palms

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

照顧脚下

syoukokyakka.jpg

ライカM3 ノクトン40mmS.C アグファビスタ

黄檗山万福寺境内

禅寺の玄関にはよく「照顧脚下」と書かれた札が下がっています。 「履物を揃えて脱いで下さい。足元に注意して、進退往来に十分気を付けて下さい。」と言う意味。
そこには「自分自身の足下、置かれた状況、自分自身をしっかりと見つめなさい。」という別の意味があるのです。
他人の足下、つまり他人の長所や短所、その方の立場などは見ていても、自分の足下、つまり自分自身のこととなると案外見ているようでいて見ていないものです。

« 人生②|Top|境内寸景 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reme19xx.blog77.fc2.com/tb.php/13-d1d69d47

Top

HOME

gikou

Author:gikou
「一期一会」を大切に

記憶に残る情景を探して京都の町を中心に
いろんな写真を撮っています。
お気軽にコメントご記入ください。

☆F11キーを押していただければ、
すっきりした画面でごらんいただけます☆

【Thank You】

データ取得中...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。