手のひらの記憶

The memory of the palms

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



D20_0047.jpg

D20_0036.jpg
NIKON D200 DX 35mm f1.8G

無人駅は何とも切ない

« 造形|Top|「はじめてのしゃしん展」へ »

コメント

gikou>なっちゃんへ

こんばんは^^

四国にはまだまだたくさんの無人駅がありそうですね。
駅では迎えたり迎えられたり、送ったり送られたり
色んなドラマを想像してしまいます。

特に夜の無人駅は、昔
母と一緒に里帰りした田舎の無人駅が思い出されて
とても切なく感じてしまいます(^^v

gikou>あーるえむさんへ

こんばんは^^
あっという間に7月も終わってしまいました。

まだかまだかと楽しみにしていた祇園祭もいつの間にか終わってしまったって感じです(^^;

無人駅は昔はバイクツーリングでの定宿でした。
特に岐阜、長野方面の各駅にはお世話になりました(^^)

この無人駅は、四国のどこかです。
駅名は覚えていないです(^^v

こんばんは。

無人駅はよく行きます。
ほとんど人と会うことがないけれど
いつもそこには物語があるような気がします。

いろいろな人がここから乗ってここへ降りて
数えきれない物語があるんでしょうね。

巡行も終わりましたね…。

その切なさが、なぜか好きです。
gikouさんの目線で切り撮られると、余計に
ちょっと切ない角度・・・。

この、無人駅、どこなのでしょう?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reme19xx.blog77.fc2.com/tb.php/1456-9a116168

Top

HOME

gikou

Author:gikou
「一期一会」を大切に

記憶に残る情景を探して京都の町を中心に
いろんな写真を撮っています。
お気軽にコメントご記入ください。

☆F11キーを押していただければ、
すっきりした画面でごらんいただけます☆

【Thank You】

データ取得中...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。