手のひらの記憶

The memory of the palms

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾道渡船場界隈③

onomichi20070108003.jpg
RICOH GR1v AGFA ULTRA100

アグファは、派手な発色しますね。
デジカメは結構派手めに撮れたりしますが、銀塩カメラの場合はフィルムによって意外に発色が変わって来ます。
撮る対象によってフィルムを変えることも必要な場合があります。

写真は、尾道の渡船場に停泊中の貨物船だったと思います。

« Robot|Top|いつか見た... »

コメント

gikou>よーすけさんへ

よーすけさん。こんばんは
ようこそいらっしゃいました。

気に入っていただける写真ありましたか。
ありがとうございます。

スナップ写真でしたら、京都で僕が一方的に師匠だと思っているHirotakaさんのSNAP STYLEのブログも勉強になりますよ。
僕もリンク貼らせていただきました。
これからもどうぞよろしくm(__)m

gikou>なっちゃんへ

なっちゃん姉さんこんばんは。

発色が変わる=人と違う=おもしろい
それがいいんです。
デジカメだとなかなかそういう楽しみや意外性を味わえないでしょ?
今、若い子(僕も若い)の間では、古いフィルムカメラが結構人気あるみたいですね。
デジカメだけでなく、フィルムの良さ見直してみてください<(__)>
尾道には、毎月仕事で行っています
時間がなくてゆっくり出来ませんが、なかなかいい街です。
千光寺の桜が有名ですよね
まってますよ(^^)/


gikou>ピンピンシニアさんへ

ピンピンシニアさん こんばんは。
ようこそいらっしゃいました。

京都の南部には、海がないので船はとても新鮮に感じます。

そうか古くなると幽霊船か
ええオチですね(^^;

又お越しください。
お待ちしてますよ(^^)/

はじめまして

こんばんは、はじめまして。
足跡からたどってきました。

スナップ写真の多くが僕の記憶にある景色のような感じで、最近のことも含めてなぜか懐かしさを覚えました。
私もスナップ写真を撮っていることが多いのでとても参考になります。

リンク張らせていただきました。
また時々立寄らせていただきますm(__)m

gikouさん、こんばんは!
フィルムによって発色が変わること、写真教室に行って初めて知りました。
あと写真屋さんによっても変わるんでしょ?
尾道は旅行で行かれたのですか?
大林宣彦監督の世界ですね。
小さい頃一度行ったことがあるのですが、また行ってみたいです♪

はじめまして
船というものは不思議なものですね。
古くなるほど哀愁が漂います。
さらに古くなると、物なのに幽霊になります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reme19xx.blog77.fc2.com/tb.php/180-8dc99ddf

Top

HOME

gikou

Author:gikou
「一期一会」を大切に

記憶に残る情景を探して京都の町を中心に
いろんな写真を撮っています。
お気軽にコメントご記入ください。

☆F11キーを押していただければ、
すっきりした画面でごらんいただけます☆

【Thank You】

データ取得中...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。