手のひらの記憶

The memory of the palms

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時の流れ


ASAHI PENTAX SP Super-Takumar35mm f3.5 KODAK GOLD200

先日の休日にSuper-Takumar35mmの試写がてら、伏見の街をブラブラしてきました。

こういう扉や壁があるとどうしても反応してシャッターを押してしまいます(^^ゞ

ありふれたどこにでもありそうな被写体ですが、
何ともいわれない時の流れを感じます(^^v

« 宇治川寸景|Top|駅の風景 »

コメント

gikou>ferdiさんへ

おっしゃる通りでしょうねv
デジカメで撮れば、もっと派手な発色で写るでしょうが質感は落ちるでしょうね。
ユトリロって名前は知ってますが、ちょっと調べます...

新(珍)兵器って何でしょう?
楽しみにしております(^^v

gikou>Fmiさんへ

こんな被写体ばっかり探していたら、友達失くすかもしれませんよ(^^;
近寄って撮ったショットもあるのですが、何のこっちゃ分からんです。
色々悩みながら、色々撮ってみることが目を養うのかもしれませんね(^^v

gikou>なっちゃんへ

撮っている本人はいいんですが、周りはどういう目でみているんでしょうね(^^;
まあファインダーしか覗いていないんで、他のことは目にはいりませんよね^^
伏見は酒蔵や古い建物が沢山ある街です。
ぜひお立ち寄りくださいね(^^v

gikou>しゃらりさんへ

ようこそお帰り^^

そういう習性が楽しいのか?悲しいのか?
自問自答する日々が続きませんか(^^;

ボクはたまに考えてしまう事があります。
結果はいつも「そんなの関係ねえ!」ですよね(^^v

物質感や抵抗感の豊かさを表現するならやっぱり銀塩ですね。
色彩は全然違いますが、ユトリロの描く街の壁を思い出してしまいました。

私も、物の質感を良く描いてくれそうな新兵器(珍兵器?)を入手できたので、gikouさんのように質感に拘った絵が撮れるよう頑張ります。

古いのに、とてもキレイなブルーですね♪
私なら・・・たぶん壁に思いっきり近寄って撮っていそうです^^
これくらい引いて、錆びたトタンもチラッと入っているから
よりブルーが引き立つんですね~

gikouさん、こんばんは。
もうこんなトタンや壁があるとわくわくしちゃいます。
それにいい感じのブルー。
私の大好きな色です。
伏見は次に京都へ行った時に行きたい場所です。
いいところがあったら教えてくださいね。

月に行こうとしたけど、引き返してきたしゃらりです^^
たまらんですね。
絶対撮っちゃいますね。
にまにま、しちゃいますね^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reme19xx.blog77.fc2.com/tb.php/573-e8b4dbb7

Top

HOME

gikou

Author:gikou
「一期一会」を大切に

記憶に残る情景を探して京都の町を中心に
いろんな写真を撮っています。
お気軽にコメントご記入ください。

☆F11キーを押していただければ、
すっきりした画面でごらんいただけます☆

【Thank You】

データ取得中...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。