手のひらの記憶

The memory of the palms

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿吽

どっちが「あ」で「うん」なんやろ?

colosko21025.jpg

colosko21024.jpg
LEICA M6 COLOR-SKOPAR 21mm f4 DNP100
醍醐寺 仁王門

調べてみました(^^ゞ

阿吽(あうん、Skt:A - hum)は仏教の呪文(真言)の1つ。悉曇文字(梵字)に於いて、阿は口を開いて最初に出す音、吽は口を閉じて出す最後の音であり、そこから、それぞれを宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされた。

また、宇宙の他にも、前者を真実や求道心に、後者を智慧や涅槃に喩える場合もある。

次いで、対となる物を表す用語としても使用された。特に狛犬や仁王、沖縄のシーサーなど、一対で存在する宗教的な像のモチーフとされた。

口が開いている方を阿形、閉じている方を吽形と言う。

転じて、2人の人物が呼吸まで合わせるように共に行動しているさまを阿吽の呼吸、阿吽の仲などと呼ぶ。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

う~ん勉強になりました(^^v




« suspension|Top|穏やかな日 »

コメント

gikou>Fmiちゃんへ

こんばんは^^

小さな宇宙はそこらじゅうにあるのですね。
知らないことが多すぎます。

がんばりましょうね(^^v

「あうんの呼吸」は知っていたのですけれど
宇宙までも表しているとは!

深いです。

gikou>Fmiちゃんへ

こんばんは^^

「あうんの呼吸」って最近は言わないのでしょうか?
そういえば、神社にもお寺にも対のものが沢山ありますね。
いろいろ探してみてください。

ノーファインダーでの撮影、一度お試しあれ~
面白い写真が撮れるかもです(^^v

あうん にはそんな意味合いがあったのですね!
そんなことを疑問にも思わず、狛犬さんの あうん をUPしていた私でした (;^_^ A

勉強になりました。

ノーファインダーで撮影とのこと。
なるほどそれで、こんな風に見上げるようなアングルなのですね!
迫力でますね♪

gikou>なっちゃんへ

これも垣根越しに手を突っ込んで、ノーファインダーで撮ったのですよ^^
この仁王像は有名みたいですね。
さりげなく佇んでいるのでそうとも思いませんがね。

醍醐は桜が有名で紅葉はもうひとつだと思いますが(^^;
三宝院庭園の紅葉がキレイだったと記憶していますが、確か撮影禁止だったはずです。
東山、左京方面の紅葉を攻めてみるのがいいかもね(^^v

gikouさん、こんばんは♪
醍醐寺にこの仁王像があったの憶えています。
きっとこれも古いものなんでしょうね。
先生、今日はすごく勉強になりました。

ところで醍醐寺って紅葉では有名なのでしょうか。
以前に行ってすごく良かったのでもう一度行きたいなと思っています♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://reme19xx.blog77.fc2.com/tb.php/779-9f1cfcdf

Top

HOME

gikou

Author:gikou
「一期一会」を大切に

記憶に残る情景を探して京都の町を中心に
いろんな写真を撮っています。
お気軽にコメントご記入ください。

☆F11キーを押していただければ、
すっきりした画面でごらんいただけます☆

【Thank You】

データ取得中...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。